ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが

歌姫 第8話カテゴリの記事一覧

歌姫 第8話 

ドラマ「歌姫」第8話

美和子 (小池栄子) は 太郎 (長瀬智也) が記憶をなくす前に妻だった、とついに告白する。突然のことに太郎は言葉もない。戦死したとは聞かされていてもどこかで夫は生きているのでは… と10年もの間、信じていた美和子。太郎が記憶をなくしているからといって夫のことを諦めきれるはずもなく、美和子は土佐清水の町で働きながら夫の記憶を取り戻そうとする。

美和子 (小池栄子)も太郎 (長瀬智也) もお互いつらいですね。
運命のいたずらとは、、、

美和子の気持ちをおもんばかりつつも、次第に明らかになる太郎の素性に 鈴 (相武紗季) や 浜子 (風吹ジュン)、勝男 (高田純次) たちは戸惑いを隠せない。

太郎の本当の名前は「及川勇一」。東京の市会議員の息子で、東京帝大の出身だという。「四万十太郎」とのあまりにもかけ離れた姿に、岸田家や周囲の人々は「人違いでは?」と言い出す始末。

とても、いまの太郎ちゃんとは別人ですね、及川勇一さん。

信じたくない鈴は、美和子に記憶を亡くす前の「勇一」について直接尋ねるのだが…。

鈴 (相武紗季)は、この現実をどう受け止めていくのでしょうか。
次回「歌姫」も見逃せなくなってきましたよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。